予約後1ヶ月経過してなお330人待ち どうなってんのiPhone SE

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 予約後1ヶ月経過してなお330人待ち どうなってんのiPhone SE
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ずっとiPhoneのセカンドモデル(末尾にsがつくモデル)ばかりを2年ごとに買い換えてきました。iPhone 3GSからiPhone 4S iPhone 5sときて、iPhone 6sだけは筐体が大きくなってしまい購入を躊躇しているうちに4インチモデルが出るという噂を信じて待つこと半年。iPhone SEという筐体がiPhone 5sと同じでスペックが6sと同じという夢のようなモデルが発表になり購入を決意しました。

歴代iPhoneはだいたい発売後1ヶ月もするとそこそこ流通してくるので、それくらいの時期に購入しようと思っていましたが、今回はどうも状況が今までと異なるらしく発売前に予約した人でも発売後2週間経っても手に入れられない人が続出していると聞き、4月17日にiPhoneで初めて予約(ドコモオンラインショップです)というものをしてみました。

Apple StoreのSIMフリーモデルも2〜3週間の納期になっていたのでGW後には手に入るだろうと甘く見てました。結論から言うと、予約から1ヶ月を経ても手に入れていません。それどころかドコモに問い合わせた時に電話口のオペレーターさんへ思わず口から出た言葉は
「は?じゃあ一体いつになったら手に入るんですか?」

iPhone SE

「予約後1ヶ月経過してなお330人待ち どうなってんのiPhone SE」の続きを読む

Tags:
Posted in iPhone by まもすけ. 1 コメント

端末価格実質0円廃止に期待するもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 端末価格実質0円廃止に期待するもの
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

かなり久しぶりに記事を書いています。
何かネタがあれば書こうと思いつつ、なかなか定期的に記事を書くのは難しいですね。

さて、先週ニュースで大々的に携帯電話の通信料金引き下げが報じられました。事の発端は安倍総理の「携帯電話が高い」発言です。一国の総理大臣がそんなこと言うもんだからさあ大変です。総理大臣の指示という大義名分で強制的にコトが進みました。

消費者目線で言えば、対象が何であれ高いより安い方がいいに決まっています。ただ今回の一件については個人的にちょっと疑問を感じます。本当にこんなことでいいのでしょうか。

MNP向けは実質0円

「端末価格実質0円廃止に期待するもの」の続きを読む

Posted in Diary by まもすけ. 1 コメント

VAIO Phoneの風当たりで考える Androidのブランドとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - VAIO Phoneの風当たりで考える Androidのブランドとは?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

MVNOの業界では老舗と言える日本通信から、VAIO Phoneが発表になりました。b-mobileのSIMカードとのセットで販売されるSIMフリーAndroidスマートフォンですが、発表直後からネット上では非難の嵐でした。

ソニーから分社化され、VAIO株式会社として新たな道を歩みだしたソニーのPC部門、そのVAIOのブランド名を冠したVAIO Phoneは「VAIOらしさ」を前面に出した「VAIO」らしいスマートフォンとして市場から期待されていましたが、実際発表されたのは台湾のクアンタ・コンピュータが製造したと言われるVAIO Phoneという名のついた普通のAndroidスマートフォンで、同じくクアンタ・コンピュータが製造していると言われているパナソニックのELUGA U2とそっくり、なおかつELUGA U2の3万円程度の価格に対して5万円という高価格だったことが大炎上を引き起こしたと考えられます。

日本通信オリジナルブランドのスマートフォンだったら何の問題もなく市場に受け入れられたと思われるこのVAIO Phoneの登場は、Androidのブランド確立の難しさをあらためて明らかにした事件だと言えます。その「Androidのブランド」についてちょっと考えてみました。

VAIO Phone

「VAIO Phoneの風当たりで考える Androidのブランドとは?」の続きを読む

Tags: , , ,
Posted in Android by まもすけ. コメントなし

500円前後のMVNO格安SIMでモバイルWi-Fiに挑む

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 500円前後のMVNO格安SIMでモバイルWi-Fiに挑む
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

18年間ドコモユーザーである私ですが、キャリアで契約した際の7GB通信量制限で困る程データ通信をしていません。3GBでもギリギリ収まっていました(ブログネタ探しで3GB弱は毎月使っていたのです)。ですのでXi契約のプランは「タイプXiにねん」と「Xiパケ・ホーダイ ライト」でした。

ところが、仕事で自腹電話をしている関係でIP電話(基本料が不要のIP-Phone SMARTや、通話料半額の楽天でんわ)を活用していたものの、計算上Xiカケ・ホーダイにして電話代を定額にした方が若干お得だったので思い切ってXiカケ・ホーダイに契約変更しました。

ここで問題になったのが、Xiカケ・ホーダイで通信量3GBをまかなうためのプランが5GBの「データMパック」になり、支払い総額で値上がり(つまり、Xiカケ・ホーダイにしてもお得にならない場合が増える)してしまうことが確実だったことです。

そこで妙案を思いつきました。2GBの「データSパック」を契約して、格安SIMを使ってモバイルWi-Fiでの通信をメインにすればいいのでは?

昔b-mobileのU-300(300kbps)で十分満足していたこともあり、最近のワンコインSIMの250kbpsの速度でも私は耐えられるのではないか、と。

そこで、月額500円前後のワンコインSIMとして
・ヨドバシSIMでおなじみワイヤレスゲートの480円プラン(250kbps):月額税込480円
・DTIのワンコインSIMのパイオニアServersMan SIM LTE(250kbps) :月額税込み504円
の2種類を契約して使い倒してみました。NTT DocomoのLTEモバイルルーター L-03Eで使います。スマートフォントとはWI-Fi接続になります。

結果として私が常用することに決めたのはヨドバシSIMでしたが、同じ250kbpsのベストエフォートでも両者は大きく異なります。

NTT Docomo L-03E

「500円前後のMVNO格安SIMでモバイルWi-Fiに挑む」の続きを読む

Tags: , , ,
Posted in MVNO by まもすけ. コメントなし

格安スマホは単なる抱き合わせ販売では?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 格安スマホは単なる抱き合わせ販売では?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ここ最近、「格安スマホ」のニュースを良く見かけます。キャリアでスマートフォンを購入すると月々7,000円程かかるものが3,000円を切る格安な価格でお買い得だとか。

まず流通大手イオンが日本通信と組んで限定8,000台で販売を開始した「イオンのスマートフォン」は、本体込みの月額料金が2,980円という”格安”な価格で発売されたことが大きなニュースになりました。

続いて大手量販店ビックカメラが限定1,000台という同様の形態で月額2,830円のスマートフォンを発売、ヨドバシカメラも追従して格安スマホ発売を検討しているそうです。

どの格安スマホも「大手携帯電話会社の半額以下で買えるスマートフォン」と表現されて伝えられています。MVNOのパイオニアである日本通信最初の製品であるb-mobile U300をSIMフリーiPhoneと組み合わせて使ってきた私もそのニュースを見て触手を伸ばしかけましたが、よーく調べてみたら大手キャリアでスマートフォンを分割して購入させる文化の浸透を悪用した抱き合わせですね。これ。

格安スマホ

「格安スマホは単なる抱き合わせ販売では?」の続きを読む

Tags: , ,
Posted in Android b-mobile MVNO by まもすけ. コメントなし