SIMフリーiPhoneユーザーがドコモiPhoneで満足しないワガママな3つの理由


2013年9月20日(金)、ドコモユーザーが長年待ち望んだ「ドコモのiPhone」が遂に発売されました。電波の繋がりやすさでは日本一だと信じ、災害時の信頼できる対応を重視し、長年慣れ親しんだドコモに愛着を感じ、@docomo.ne.jpのキャリアメールが手放せないけれどiPhoneが欲しいという潜在的iPhone熱望ユーザーにとっては朗報でしょう。
私もてっきり自分は潜在的ドコモiPhone熱望ユーザーだと思っていましたので、ドコモから発売されることが発表されてからは発売日を指折り数えて楽しみにしていました。
ところがドコモiPhoneの仕様が明らかになるにつれ何故か落胆の感が増殖してしまい、買おうという意気込みが薄れてしまったのです。
何故だろうと考えた結果、ある事実に気が付きました。どうも潜在的ドコモiPhone熱望ユーザーには互いに対極にある2種類の考え方があるのです。

DoCoMo

互いに対極にある2種類の考え方。それは発売と同時に購入するような「心の底から待ち焦がれていたユーザー」と、とうの昔に我慢できずSIMフリー版に手を出してドコモiPhoneライフを満喫しつつ正規に発売されることを待っていた「発売されたらもう苦労しなくても済むと待ち焦がれていたユーザー」です。どうも私のような後者の場合はドコモ版iPhoneに、”これじゃない感”を感じてしまうようなのです。結論から先に言うと、”これじゃない感”は非常にワガママな考え方で世間に理解される類のものではないのですが、事実購入するしないだと踏み越えられない一線を引かれてしまっています。

“これじゃない感”を感じるのは、明らかにSIMフリーiPhoneユーザーだけです。ドコモiPhoneで満足しないワガママな理由は、以下の3つです。

1. キャリアメールのノウハウが活かせない

SIMフリー版iPhoneでは、@docomo.ne.jpのキャリアメールが使えません。使うための技として、iモード契約を残し、iモード.netというPCでキャリアメールを送受信できる有料サービスを使った上でimocoなどのアプリを購入してフェッチでメールを受信するか、レンタルサーバーを借りてオーブンソースのimotenを導入するかのいずれかを使うことになります。これが結構手間も金もかかるのです。そもそもドコモを使う上で更に1ヶ月525円もするmoperaのプロバイダー契約が必要です。

私はimotenを使っていますが、上手く動作すればガラケーよりもAndroidスマートフォンのSPモードメールよりも遥かに使いやすいメール環境が手に入ります。苦労して構築した時の喜びと言ったらもう例えようがありません。

ところがドコモのプランだとXiパケ・ホーダイ for iPhone必須で、更にXiパケ・ホーダイ for
iPhoneを契約するとspモード以外の契約(iモード契約やmopera契約)は解除されてしまうため、今SIMフリー版で使用しているiモード.netが使えない=imotenが使えないのです。

そもそもspモードメールは10月まで使えず、pushによる通知のあるキャリアメールは来年まで待たなければなりません。であればimotenを使いたいところですがドコモ版iPhoneではiモード契約できませんので今まで使っていたキャリアメール、つまりiモードメールアドレスが使えないという自体に陥ります。
SIMフリー版でできていたことができなくなる不自由さが残念でなりません。

2. パケホーダイプランに選択の余地がない

ドコモのiPhoneでは必須のXiパケ・ホーダイ for iPhoneは月額5,460円です。同じ定額プランのAndroid向けはXiパケ・ホーダイ フラットの5,985円ですので支払い金額だけ見ると安いお得なプランに感じます。 ところが、私の使い方ではXiパケ・ホーダイ フラットの月利用データ量の上限7GBは使い切っておらず、3GBもあれば十分なため月額4,935円のXiパケ・ホーダイ ライトにしています。 Xiパケ・ホーダイ for iPhoneにすることで、今まででも全く必要がなかった7GB上限のプランへ強制的に変更させられる上に、使いもしない4GB分の料金500円を余分に払わされる気がしてたまりません。

そもそもXiサービス開始前はドコモでiPhoneを使うと安価な定額パケットサービスの対象外になり上限が1万円という時代でした。Xiサービスが開始されると月額5,985円でiPhoneが使えるようにサービス内容が変わりました。殆どのSIMフリーiPhoneユーザーは喜んでXiに契約変更を行ったことでしょう。上限を3GBに制限することで更に安いXiパケ・ホーダイ ライトというプランが登場し、自分の環境に合わせてプランが選択できる自由が手に入ったと喜んでプラン変更したものです。

現実的にはライトユーザー向けにXiパケ・ホーダイ ライト for iPhoneというプランがあれば一番良いのですが、現状のドコモのプランの中でiPhoneにしたときだけ選べるプランに選択肢がないというのが残念でなりません。

3. SIMフリーじゃない

ドコモは全ての端末を有料でSIMロックを解除してSIMフリーに変更してくれますが、iPhoneは対象外でした。なんというご都合主義。

現在SIMフリーを使っていますが、現実的にドコモで使っている以外にSIMフリーのメリットを享受しているかといえばそんなことはありません。つまり、ドコモでiPhoneが使えさえすれば事足りているのです。
このSIMフリーというのは「海外に行っても現地キャリアのSIMで使える」だの「いざとなればソフトバンクのSIMでも使える」だのといった、仮定の話をする際の安心材料でしかないにも関わらず、一度手にしてしまうとそれが必須、のように感じてしまうのが不思議なところです。

ドコモならiPhoneのSIMロック解除ができるはずなので今後もSIMフリーiPhoneと同じ環境が手に入る、と思い込んでいましたが、事実は異なりました。
ドコモで買ってもSIMフリーにならないiPhoneというのが残念でなりません。

「制限」を「自由」に脳内変換した勘違い

先に述べた3つの理由が”SIMフリーユーザーのこれじゃない感”ドコモiPhoneの印象です。
しかしよく考えてみると、そもそもドコモが最初からiPhoneを発売していたとしても結局今と同じ状況ではないでしょうか。

キャリアメールはドコモが今後正規に対応すると言っているわけですし、期間限定でも何でもない7GB上限の専用通信プランも他社より劣るわけではありません。ドコモで使う分にはSIMロックはあってもなくても関係ありません。

ところが、先にSIMフリー版でドコモiPhoneを経験し、様々な制限を打ち破るべく工夫してドコモのスマートフォンとして使えるようになると、まるで「自由」を手に入れたかのように感じてしまうのです。

ところがSIMフリー版に手を出して苦労したからこそ得たその「自由」は、キャリアが始めから販売していればする必要がない苦労をわざわざしただけですので、結果として「自由」を得たというのは大きな勘違いです。苦労したんだからそのまま使わせてくれよ、え?できないの?ガッカリ、という感情が邪魔してドコモのiPhone購入を躊躇させているのです。

ドコモで使っていたSIMフリーiPhoneユーザーは、ワガママな理由で素直にドコモで5sや5cを買えないのではないでしょうか?私以外にもそう感じている方、いませんか?

Follow me!

SIMフリーiPhoneユーザーがドコモiPhoneで満足しないワガママな3つの理由” に対して 2 件のコメントがあります

  1. より:

    僕もそう感じています

  2. なな より:

    機種変するなら同じアドレスでspモードメールが使えるじゃないですか。
    imoten?アプリは無駄になるけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です