6.20TN-BでのPSPダウングレードチュートリアル


6.20TN-Bにはダウングレード機能が搭載されていました。ダウングレードはPSPのflash書き換えが伴いますのでbrickする危険がある事を認識の上ダウングレードしてください。
PSPGENで、PSP-3000を6.20TN-B経由で5.03へダウングレードするチュートリアルが掲載されていましたので翻訳してみました。翻訳と言ってもかなり省略して要点だけとなっています。
【情報源: PSPGEN Tuto – Comment downgrader une PSP depuis le 6.20 TN-B ?

620TN-B

ダウングレードのチュートリアルに沿ってダウングレードするにあたり、注意点として各種PSP発売時のファームウェアより古いファームウェアにはダウングレードできないことに気を付けてください。

・PSP-2000は3.60未満にはダウングレード不可
・PSP-3000は4.20未満にはダウングレード不可
・PSP goは5.70未満にはダウングレード不可

公式サイトから配布されていないアップデータは当然使えませんので事実上PSP-2000は3.70、PSP-3000は5.00、PSP goは6.10がダウングレードの下限になります。

万が一失敗した場合にはパンドラが使えるPSPであれば修復可能ですが(そのPSPでダウングレードする意味は無い)、PSP-2000v3以降の場合にはbrickする危険と隣り合わせです。

基本的なダウングレード方法はFake Index.Datを使ってTN VSH Menuでファームウェア状態を偽装してPSPに誤認識させて公式アップデータを起動させる方法のようです。PSP-3000なら5.00に偽装しておけば5.03にアップデート=結果的にダウングレードとなります。

実際のPSP-3000の5.03へのダウングレードの仕方は

1: New PsarDumperを用意しメモリースティックのPSP/GAMEへコピーする

2: ダウングレードしたいファームウェアより古いアップデータ(5.03の場合には5.03未満のEBOOT.PBP、PSPGENでは5.00を使う例を挙げている)をEBOOT.PBPのファイル名のままメモリースティックのルートへコピーする

3: New PsarDumperを起動させ、メニューに従い□(Press square to decrypt all.)を押す

PSAR Dumper

4: 終了すると自動的にXMBへ戻る

5: メモリースティックにF0というフォルダが作成されているのを確認する

6: F0/vsh/etc/version.txtが中にあるので、そのversion.txtをsepluginsフォルダへコピーする

7: XMBでSELECTボタンを押し、TN VSH Menuを表示する

8: TN VSH MenuでFAKE INDEX.DATを選び、十字キーの右ボタンでEnabledにする

VSH MENU

8: Restart VSHを選び、一度VSHを再起動する

9: XMBでゲーム > メモリースティックからPSP アップデート ver 5.03を選び起動する

10: アップデートが終了するとブルースクリーンが表示されるので○を押すとPSPが再起動しOFW5.03となって起動する

一度5.03になってしまえばChickHENを使いCFW5.03GENのインストールが可能になります。
対策基板でない場合には5.50GENなどが当然インストールできる環境を用意する事が可能ですが、パンドラが使えるのでダウングレードする意味は無いと言っていいでしょう。

また、PSP goはダウングレードするメリットが現時点では存在しないので試さない方が良いでしょう。

個人的にはCFW 5.XXではUMDゲームが起動しないので(バックアップISOファイルであればPrometheusやiso_toolsを駆使すれば起動はします)、ダウングレードに有益性を感じません。それでも今まで不可能だったダウングレードができるようになったことは大きな進歩だと思います。それよりもFAKE INDEX.DATを上手く使って6.20TN-Bで『モンスターハンターポータブル 3rd』のUMDが起動するかどうかの方が気になります。

余談ですが、screenshotbmpのプラグインはVSH Menuのスクリーンショットが取れませんでした。正確には♪ボタンを押すとVSH Menuが消えてしまうのでXMBのスクリーンショットしか取れません。

Follow me!

6.20TN-BでのPSPダウングレードチュートリアル” に対して 15 件のコメントがあります

  1. パチュリー より:

    分かりやすい説明ありがとうございますm(_ _)m
    試してみました!
    一応出来ましたが、後でまた6.20に
    戻します。
    今は、無理にDGする必要はないので。
    それと更新ご苦労様ですm(_ _)m

  2. Y.Y より:

    PSP3000は03gと04gがあって04gは6.00までしかDG出来ないと聞きましたが
    04gでも5.00までDGできるのでしょうか?

  3. qwertyu より:

    >基本的なダウングレード方法はFake Indet.Datを使って
    Indet.Dat→Index.Dat?

    それと、私の場合はTN VSH MENU もきちんと撮れました。ちなみにPSP-2000です。
    ダウングレードよりも、6.20 TN を5.03 HEN 以上にすることのほうが大切だと思います。

  4. まもすけ より:

    @パチュリーさん
    ダウングレードおめでとうございます、というほど使い道ないんですよね。
    大人のためのゲーム講座の方に書きましたが、Davee氏がPSP goを6.31から6.20にダウングレード出来たらしいです。

    @Y.Yさん
    記事はPSPGENに書いてあったものの翻訳なのでPSP-3000後期型に限ってのことは特に書いてありませんでしたが、あくまでも原則です。PSPのTA088v3以降の変更は対策の歴史なので基本は発売時のファームウェアより古いものにダウングレードするのは危険だと考えてください。私は現状でのダウングレードはお勧めしません。

    @qwertyuさん
    あれ、じゃあうちのPSP-1000に限っての不具合かな?

  5. 朝比奈 より:

    ちょっと細かいと思いますが、最初の部分は5.03TN-Bではなく6.20TN-Bではないでしょうか?

    あと、メモリスティックルートにコピーするFWは5.03ではなく5.02以下のFWではないでしょうか?
    5.03のversion.txtをsepluginsフォルダにコピーして5.03のアップデータを起動すると【ご利用のPSPのバージョンは5.03です。アップグレードする必要はありません】みたいなことがでて起動できないので・・・。

    間違っていたらすいません。

  6. 総務 より:

    スクリーンショットPNGでホットキー設定すれば撮れるのでは?
    それと、VSHメニューでF0プロテクトを解除せずにやっても行けるんでしょうか?

  7. まもすけ より:

    @総務さん

    私は以前からscreenshotbmpを愛用していたというだけです。他のプラグインを試していないので。 F0プロテクトはちゃんと効いているなら解除しないでインストールはできないと思います。

    追記
    ツイッターで以下の発言がありました。
    WARNING: The flash0-protection of 6.20-TN-B is *always off* and never protects, no matter what you set in the VSH menu!!!
    設定に関わらずTN-BではF0は保護されないようです。

  8. KYO より:

    手順6でversion.txtが見つからない場合どうしたらいいですか?
    PSP-2000 バージョン6.20 TN-B 
    FW 5.00にしたいです

  9. KYO より:

    ↑の追記です
    5.50にしたいのでFW5.00をダウンロードしました!

  10. ocelot より:

    こんにちわ。

    3: New PsarDumperを起動させ、メニューに従い□(Press square to decrypt all.)を押す

    の手順までは行く事が出来、ファイルも作成されていたのですが

    version.txt が見当たりません・・・

    どうすればいいのでしょうか。

  11. まもすけ より:

    @ocelotさん

    無いということはないと思いますが…

    フォルダの中身が非表示になっているとかでしょうか?そうなるとPC側の問題です。

  12. ふぁにぃ より:

    僕のFWは6.37なのですが、New PsarDumperが起動できません。
    どうすれば良いのでしょうか?

  13. まもすけ より:

    @ふぁにぃさん

    もし起動できないというのが公式ファームウェアから、という意味でしたらCFWなどで起動してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です