「Half Byte LoaderでISOファイルは起動しないのか?」しません!

PSPの人気ゲームPatapon2のユーザーモードexploitを利用したHalf Byte Loader(HBL)の開発により、OFW6.20までのPSP(PSP go含む)でHomebrewが実行できる環境が整いつつあります。

開発を担当しているメンバーの一人であるwololo氏のところには、Patapon2 exploitでHomebrew Loaderをオープンソースとして開発すると発表してから多数のメールやPM(フォーラムなどで利用できるプライベートメッセージ)で、本来カーネルモードexploitが見つからないとなし得ないにもかかわらず「ISOファイルは起動しないのか?」との質問が多数届いているようです。
wololo氏は、自身のブログWagic, Magic the Gathering, and PSP homebrewsで、そういった質問をしてくるユーザー向けにメッセージを伝えていました。HENもCFWもISO起動もあり得ません。
【情報源:Wagic, Magic the Gathering, and PSP homebrews

Can Half-byte loader run isos?
Half Byte LoaderはISO起動できますか?

I was of course expecting it from the start, we’ve received lots of help and great feedback when we released the Half Byte Loader for Patapon, but as usual there’s also a minority of people (who tend to believe they speak for everyone) who are dissatisfied with the idea that the Half Byte loader doesn’t run isos.
最初からそうなるだろうとは期待していましたが、Patapon2でHalf Byte Loaderをリリースしてからというもの数多くの助言やフィードバックを皆さんからお寄せいただいています。ただ、当然の如く若干名ではありますがHalf Byte LoaderがISO起動できないことに対して不満を訴える方がいるのも事実です。(そういった方は誰にでも同じようなことを言っているのでしょう。)

The idea is floating on the internet that I am against iso loaders, and that it is why there is no iso loader available for HBL. This is wrong in many ways.
私がISOローダー反対論者だからHalf Byte LoaderにISOローダーがないのだといった意見はネット上のあちこちで流れています。理由はいろいろありますが、それは間違いです。

First, I am not especially against iso loaders. I am against piracy but I believe those are two separate things. The fact that they are associated together is not directly my concern. What is true though is that I don’t care about isos. Actually I don’t use my PSP to play commercial videogames, or so rarely that I’m usually fine with the UMD format. In other words, I don’t mind if people code a HEN or an ISO Loader for the patapon exploit, but I won’t work on that myself because I don’t care. So people who contact me with (generally stupid) ideas on how to load ISOs can stop right now, I don’t even read those emails.
まず最初に、私は特にISOローダーに反対しているわけではありません。違法コピーには反対していますがISOローダーと違法コピー問題は切り離して考えるべきです。同じ土俵で語られている事実はありますが、私は同じだとは考えていません。ただ私がISO起動のことを全く考えていないというのは事実です。確かに私自身PSPで市販のゲームをほとんどプレイしませんから、UMDフォーマットで何の問題もありません。ですからISOを読み込むための方法(そもそも馬鹿げた話です)を聞くために私にコンタクト取ってくるような真似は即刻止めてください。そんなメールには目も通しません。

Secondly, it is not “because wololo or m0skit0 or ab5000 are against isos on their exploit” that no iso loader is made available through the Patapon exploit. It is because it is not technically doable. Loading isos (probably) requires kernel access and the Patapon exploit is a user mode exploit. Of course, if someone wants to prove me wrong and code an iso loader in user mode, please feel free to do it, I’ll be sure to test it and confirm it.
次に、「wololoやm0skit0、ab5000が自分達のexploitでISO起動させたくないから」パタポンexploitにISOローダーがない、などという話は全然ありません。技術的に可能な話ではないというのが理由です。もちろん誰かがユーザーモードでのISOローダーを作って実は可能だと証明してくれるならそれはそれで全然構いません。私がきちんとテスターになって本物だと証明してさしあげます。

Finally, ALL videos I’ve seen on youtube so far claiming they have a HEN or an ISO Loader running through the patapon exploit or the Half-Byte Loader are fakes. The only true publicly known (but not available) HEN for the new PSP Models that I know about is the one showcased a while ago by Davee and Team Typhoon. And as many people know, Team Typhoon took the decision to not release this HEN.
最後に、私が今までYouTubeで見た、パタポンexploitやHalf-Byte Loaderを使ったISOローダーやらHENやらと言っている動画は全部FAKEでした。公開された動画の中で最新型PSP向けで動作する唯一本物のHEN(ただしHEN自体は未公開)なのは、私が把握している限りではDavee氏とTeam Typhoonがちょっと前に公開したやつだけです。また皆さんご存知の通りTeam TyphoonはそのHENに関してはリリースしないと決めています。
Well, the conclusion is “stop believing everything you see on youtube”. A Mobile phone can’t bake popcorns. HBL Can’t run isos.
さて、では結論といきましょう。”YouTubeで見つけたものを全て本物だと思い込むのは止めるべし”。ケータイでポップコーンが作れないのと同様に、Half Byte LoaderでISOは起動できません。

基本的にユーザーモードexploitは、ゲームで使われている関数を使うことはできますがそこまでが限界です。そのためISO起動などに必要なPSPのカーネルにはアクセスできません。
従ってISO起動は必要なカーネルが利用できないため、ユーザーモードで動作している以上HBLでは不可能です。

確かにYouTube上にはHBLでHENだとかCFW Enablerだとかの動画がアップロードされています。しかし、そのほとんどがFAKEです。

動画だけで公開するパターンはここ最近多数見受けられますが、それもほとんどがFAKEでした。
FAKEである動画には、決まってある法則があります。
1:映像が奇麗でない
2:暗いところで撮影している
3:カメラが手持ちである
4:編集している

逆に言うと、上記条件を満たさなければ本物の可能性があるかもしれません。

では、どんな動画が本物なのでしょうか。実際wololo氏はHBLで自身がリリース『Wagic』をHBLで起動する実証動画を公開していますが、それが非常に参考になります。

Patapon2のゲーム開始後Rボタンを押してからメモリースティックアクセスが始まりますが、読み込みにかなり時間がかかっています。
この部分を編集でカットすることは簡単ですし、見やすい動画にはなりますが、カットせずあえて見せています。
もちろん映像も奇麗、明るいところでの撮影、さらには手持ち撮影でもありません。

私も動画をアップする時にはFAKEとなる条件をなるべく満たさないような撮影を心がけます。wololo氏もきっと同じでしょう。

今YouTubeで公開されていて、FAKE条件を満たさないにもかかわらず6.XXでCFWやらHENやらと主張している動画はどれくらいあるでしょう。wololo氏も書いている通りまず間違いなくFAKEである可能性が濃厚でしょう。HBLを利用していると主張しているならなおさらです。

HBLはあくまでもユーザーモードで動作するe-Loader(Homebrewローダー)です。HBLをきっかけにカーネルモードexploitへ発展する可能性はありますが、おそらく世界中の数多くのハッカー達がPatapon2 exploit公開後さんざん探した末の今でしょうからかなり可能性は低いと思います。

では、その次は?
もし、今後exploitが発見されはするもののHBLのようなe-Loaderしか実現できなかったら、どうでしょう。皆さんは不満ですか?

私は全く不満を感じません。

著作権侵害=不正コピー=ハッキング
の図式が一般に成り立っている以上、その片棒を担いでいるのは間違いないISO起動は出来ない方がハッカーにとっては幸せかもしれません。
何故なら、Patapon2 exploit公開後すでに2ヶ月経過したもののexploitが未だ対策されていない現実があるからです。
次の公式ファームウェアアップデートで、本来ならPatapon2のセーブデータを読み込めなくするような対策が即座にとられて来るところですが、何事もなく時間だけが経過しました。かすかながらもしかするとこのままソニーが黙認してくれるのではないかと期待してしまいます。2ヶ月という放置期間はそれを期待するには十分です。

まあ、結局は対策されるでしょうけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です