What I think is the same as you, wololo〜最新PSPでHENやCFWが実現するか?

Wagic, Magic the Gathering, and PSP homebrewsで、wololo氏がPSP goにも対応したPSARDumperリリースの際にcoyotebean氏がカーネルexploitを発見したとされている件について、別の人物もカーネルexploitを見つけており何らかのものを制作中である事実を伝えていました。wololo氏はハッカー同士の名誉の奪い合いデジャヴを心配しており、結果が出る前にリークされてしまうことを案じています。私も同じ苦い思いを共有しましたから、wololo氏の意見に非常に共感を覚えます。未だにmalloxisを許す気にはなれません。
【情報源:Wagic, Magic the Gathering, and PSP homebrews

A HEN/CFW for new models of PSP soon?
最新モデルのPSPでHEN/CFWが実現しそう?

As coyotebean revealed an update for the PSARDumper a few days ago, it appears the number of people in possession of a kernel exploit for the PSP is growing.
coyotebean氏が数日前PSARDumperをアップデートした際、カーネルexploitを持っているというハッカーの数が増えてきているようです。
We already know that Team Typhoon has one (actually, they’ve had a HEN ready for newest firmwares for a while now)
ご存知Team Typhoonもそのうちの一つで、少し前に最新ファームウェア向けHENを実際に完成させています。

It seems coyotebean has one too now, and I know from trusted sources that other people have a kernel exploit and are working on “solutions” for the newest PSP firmwares, including the PSP Go. (Don’t hold your breath, I heard nothing about making those public)
coyotebean氏は今回の件でそのうちの一人となりました。更に信頼できるある人物からの情報によると、別のハッカーがカーネルexploitをすでに持っていて、現在最新PSPファームウェアでの”ソリューション”に向けて作業中だというのです。PSP goにも対応するようです。(あまり期待しないでくださいね。公開するかどうかとか私は何も聞いてませんから。)
There is an implicit agreement among hackers that these exploits should not be disclosed, because kernel exploits have become extremely rare since firmware 6.00 (it is believed a major cleanup of Sony’s code happened at that time to protect the psp go), so it is quite likely that these kernel exploits are actually one single exploit (so revealing it would ruin the efforts of other teams that try to keep it secret). Also, depending on the hacker, kernel exploits are kept secret for personal and/or ethical reasons .
ハッカーの間ではこういったexploitは公開しないという暗黙の了解があります。カーネルexploit自体OFW6.00以降で見つかることが非常にレアケースであるためです。(ソニーがPSP goをハックされないようにするためにコードを整理したのだというのがもっぱらの評判です。)そのためカーネルexploitは単発で見つかることが多いのです。(そのためexploitを公開してしまうと他のチームが秘密裏に進めてきた努力が水の泡として消えてしまいます。) また、ハッカーによっては個人的な理由だったり倫理的な理由だったりで非公開のままであることもあります。
But the more people are aware of an exploit, the more difficult it gets to keep it secret. (yeah, I know, thanks captain obvious…). This is what happened for the Patapon exploit, that was found almost simultaneously by several teams, which led a kid to leak it by fear of being double-crossed.
しかし、ユーザーの多くはexploitに注目しているためいつまでも秘密のままというのも難しい話です。(はい、分かってますよ。ありがとね…) Patapon exploitの時にも同じようなことがありました。複数のチームがほぼ同時に同じexploitを発見し、横取りをビビっておバカなガキンチョがリークした話です。
Hacking brings two kinds of rewards: personal satisfaction of accomplishing a challenging task, and having other people know about it. When we worked on the HBL, we wanted to come up with the most polished product as possible. Our goal was to say : “no guys, it’s not just a Hello World this time, you can already run most homebrews” (of course because of the leak, that’s not exactly how it happened).
ハッキングが成功することによって、2つ得られるものがあります。一つは果敢に挑んだことが成果につながったという自己満足、そしてそれが多くの人に知れ渡る事実です。私がHBLを作っている時には、できるだけより磨き上げられたものを世に出したいと思ってやっていました。私たちのゴールは「皆さん、今回はHello Worldだけじゃないですよ。ほとんどのHomebrewが動くんですよ」と胸を張って言えるようにすることでした。(実際にはリークされてちょっと違った形になりましたが)
For Kernel exploits, I believe some people think pretty much the same way as I do. They want to release something as good as possible, so they’re keeping it secret as long as possible to keep working on it. But if somebody else reveals the same exploit, then your whole work is pretty much screwed. Whatever people tell, your own exploit will be in the shadows of the first guy who revealed the holy grail.
カーネルexploitも同じだと思います。出来るだけ良いものをリリースしたいと思っているでしょう。ですので完成するまではできるだけ情報が漏れないよう細心の注意を払って作業を進めたいのだと思います。しかし、もし仮に他の誰かが同じカーネルexploitをばらしてしまったら今までの苦労がすべて水の泡です。更には誰もが、最初に成果を公開したハッカーの功績だと思うでしょうし、苦労してきた自分のexploitは日の当たらない場所へ追いやられるのです。
I’m pretty sure that kind of thoughts goes through the minds of hackers who have a kernel exploit. With the number growing, as it becomes more difficult to trust the “others”, one of them will end up revealing their work. Oh, and usually what happens after that is that all the other hackers insult him/her, officially because “that was the scene’s last kernel exploit, now everyone’s screwed” (which is often what they truely think), but also because internally they might be thinking “dude, I was ready before you were, I had the same f###ing exploit, if I had released it one day before you, I would be the one getting the fame and thanks, but I didn’t because I agreed this had to be kept secret, damn I hate your guts”
カーネルexploitを発見したハッカーは皆、そういった思いが頭をよぎります。そういったことが増えてくると他人を信じることが出来なくなり、遂には途中でバラしてしまう可能性だってあります。そうなってしまうと決まってバラしたハッカーが他のハッカーたちの一斉攻撃に合い、「PSP最後のカーネルexploitだったのに、世界中が落胆してるぞ」となるわけです。(ホントに次は最後かも、と思うときはもありますよ) しかし実際には「あの野郎、オレだってアイツより前に出せたんだ。アイツのクソexploitはオレのexploitと同じなんだから、アイツより先に出しとけば名声と喝采はオレのものだったのに。クソ、内密にやるって取り決めに同意したばっかりにチクショウ、あんな奴らのせいで…」となるのがオチです。
Good luck to all the guys who have a kernel exploit and fight to keep it secret…but I believe something will happen soon (don’t quote me on this, it’s not like I have a kernel exploit myself :P ).
カーネルexploitを今発見して持っているハッカーの皆さんの健闘を祈ります。がんばってくれぐれも隠密にお願いします…とはいっても近いうちに何か起こるでしょうね。(今回の件で私のことをあちこちで言わないでくださいね。私がカーネルexploitを持っているわけではないですから。)

どこまでwololo氏が知っているのか分かりませんが、少なくともcoyotebean氏のカーネルexploitとTeam Typhoonのカーネルexploitは別物のような表現になっていますが、現在動いている更に別のハッカー集団のものはcoyotebean氏のものと一緒である可能性があるのだと思います。
Lan.stのフォーラムを読んでいると、臭いなぁと匂う方がいるんですが、我々がどうこう言う立場ではないので願わくば双方切磋琢磨していただいてmalloxisのような馬鹿げた行為にでないことを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です