SIMフリーiPhone 4Sの価格がいくらならb-mobile Fairとの組み合わせでお得かどうか計算してみた

先日iPhone 4Sがソフトバンクとauから発売になりました。
残念ながら日本の3大キャリアでは唯一NTTドコモだけがiPhoneを扱わないキャリアとなってしまいました。SIMフリーのiPhone 4Sが手に入ればドコモのSIMカードで利用することもできそうです。(ただし、一時はiPhoneを出さないとしていたNTTドコモの山田社長は10月18日の新製品発表会でiPhone販売の可能性について「アンドロイド主軸でやっていくが、その上でラインアップの一つとしてiPhoneを出すのもやぶさかでない」と否定しなかったことから将来にわたってドコモ版iPhoneが発売されないとまでは言い切れない状況に変わったようです)。

私は現在SIMフリー版のiPhone 3GSを使っていますが、最近の円高基調でSIMフリー版iPhone 4Sも手頃に手に入るようになるのではないかと期待していましたが、発売直後とあってSIMフリー版はちょっと高額なようです。私のようなドコモユーザーがFOMA携帯との2台持ちでソフトバンクでもなくauでもなくドコモネットワークでiPhoneをソフトバンクやauと同等の価格で(金銭的に無理してドコモネットワークにすることなく)使うためにはSIMフリーiPhone 4Sがいくらだったら良いのでしょうか。少し調べてみました。

iPhone 4S

私は15年来のドコモユーザーですが、3月11日の東日本大震災のあと東北地方を訪れた際、避難所でよくドコモの衛星車を見かけました。震災から2週間後にはほとんどの避難所でドコモの携帯電話が使え、2ヶ月後には岩手宮城の海岸沿いの津波災害で街ごとなくなってしまっていた所でもドコモの携帯電話は普通に使えていました。ドコモは料金が高いですが、いざという時に頼りになるインフラとして私は評価しています。

これまた20年来のMacユーザーでもある私はiPhoneも本当なら使いたい所ですが、ドコモから発売されていない、海外SIMフリー版を入手してもパケット代が10,395円では二の足を踏んでしまい手が出せませんでした。(2011年11月1日からは8190円に値下げされます。)そんな折ドコモの通信網を利用したMVNOとして日本通信からb-mobileというSIMカード単体が発売されました。月額利用料が非常に安価であるため通信費用圧縮にも一役買っています。現在はSIMフリー版iPhone 3GSでb-mobile 1GB定額を利用しています。安価な維持費で海外サイトのチェックやブログの記事投稿に活躍してくれていますよ。

そこで、SIM Free iPhone 4Sを購入しドコモのネットワークをb-mobile Free 1GB定額(月額3,100円)で使うことを前提に、ソフトバンクとauで新規にiPhone 4Sを購入し2年間使った場合との費用比較をしてみました。
比較条件としては以下としました。

    ・新規契約すると仮定する
    ・端末代金の支払いは一括払いとする
    ・ソフトバンクとau、b-mobileはすべて2年間使用すると仮定する
    ・電話の通話料は含めない。
    ・b-mobile Fairは通話できないため、電話できるという条件を揃えるため050plusでIP電話を用意し格安に電話ができることとする(IP電話で十分なので通話料が高額なtalkingSIM系は対象から外しました)
    (050Plusを利用できる最も安価なプランはB-mobile Fair 1GB定額です。AEON SIMU300は制限が課されているため使用できません)
    ・通話料は含めない

SIMフリーiPhone 4Sはb-mobileの日本通信が提携しているexpansysの価格を参考にしています。(2011年10月18日現在)
※050Plusは携帯電話の番号で本人確認をしているため携帯電話所有が必須ですが、私はFOMAの携帯電話番号で登録しています。2台持ち前提です。

iPhone 4S 16GB SoftBank au SIM FREE+b-mobile
端末代金 46,080円 51,360円 92,320円
端末割引 1,920円x24ヶ月
=▲46,080円
2140円x24ヶ月
=▲51,360円
0円
料金プラン
月額
980円
ホワイトプラン
2年契約
980円
プランZシンプル
2年契約 誰でも割
315円
050Plus
月額基本料
ネット接続基本料
月額
315円
S!ベーシックパック
315円
IS NETコース
0円
パケット定額
月額
4,410円
パケットし放題フラット
2年契約
4,980円
ISフラット
25ヶ月目以降5,460円
3,100円
b-bomile Fair
1GB定額
月額支払総額 5705円
(+通話料)
6,275円
(+通話料)
3,415円
(+通話料)
24ヶ月支払額
(端末代金除く)
136,920円
(+通話料)
150,600円
(+通話料)
81,960円
(+通話料)
24ヶ月総支払額
(端末代金込み)
136,920円
(+通話料)
150,600円
(+通話料)
174,280円
(+通話料)
最安SoftBankとの
差額
0円 13,680円 37,360円


iPhone 4S 32GB SoftBank au SIM FREE+b-mobile
端末代金 57,600円 61,680円 98,276円
端末割引 1,920円x24ヶ月
=▲46,080円
2140円x24ヶ月
=▲51,360円
0円
料金プラン
月額
980円
ホワイトプラン
2年契約
980円
プランZシンプル
2年契約 誰でも割
315円
050Plus
月額基本料
ネット接続基本料
月額
315円
S!ベーシックパック
315円
IS NETコース
0円
パケット定額
月額
4,410円
パケットし放題フラット
2年契約
4,980円
ISフラット
25ヶ月目以降5,460円
3,100円
b-bomile Fair
1GB定額
月額支払総額 5705円
(+通話料)
6,275円
(+通話料)
3,415円
(+通話料)
24ヶ月支払額
(端末代金除く)
136,920円
(+通話料)
150,600円
(+通話料)
81,960円
(+通話料)
24ヶ月総支払額
(端末代金込み)
148,440円
(+通話料)
160,920円
(+通話料)
180,236円
(+通話料)
最安SoftBankとの
差額
0円 12,480円 31,796円


iPhone 4S 64GB SoftBank au SIM FREE+b-mobile
端末代金 67,200円 72,000円 114,159円
端末割引 1,920円x24ヶ月
=▲46,080円
2140円x24ヶ月
=▲51,360円
0円
料金プラン
月額
980円
ホワイトプラン
2年契約
980円
プランZシンプル
2年契約 誰でも割
315円
050Plus
月額基本料
ネット接続基本料
月額
315円
S!ベーシックパック
315円
IS NETコース
0円
パケット定額
月額
4,410円
パケットし放題フラット
2年契約
4,980円
ISフラット
25ヶ月目以降5,460円
3,100円
b-bomile Fair
1GB定額
月額支払総額 5705円
(+通話料)
6,275円
(+通話料)
3,415円
(+通話料)
24ヶ月支払額
(端末代金除く)
136,920円
(+通話料)
150,600円
(+通話料)
81,960円
(+通話料)
24ヶ月総支払額
(端末代金込み)
158,040円
(+通話料)
171,240円
(+通話料)
196,119円
(+通話料)
最安SoftBankとの
差額
0円 13,200円 38,079円

現状iPhone 4Sはソフトバンクでの購入が最も安いため、金銭面でのメリットを重視する場合はソフトバンクのiPhone 4Sが最良の選択になります。
それでも広いエリアでiPhone 4Sを使いたいのであればauのiPhone 4Sが第2選択肢で、端末代金自体が高額なb-mobileにはメリットが見えません。

それでもカバーエリアの広さや災害時の対応への期待値はやはりDoCoMoが一番高いためどうしてもDoCoMoの電波が使えるb-mobileをiPhone 4Sでという方も多いと思います。
ではb-mobileとiPhone 4Sとの組み合わせを考える場合のことを検討してみましょう。
最安SoftBankとの差額欄に、ソフトバンクiPhone 4Sとの2年間の総支払額価格差の計算値を入れてみました。数字的には一番差額が小さいのはiPhone 4S 32GBになります。iPhone 4では16GBと32GBの価格差は1万円程度あったことを考えるとこの価格であれば32GBが最もコストパフォーマンスがよいということになります。

iPhone 4も発売当初はSIMフリー版は高額でしたが徐々に値を下げ、近頃は円高ということもあり32GB版でも6万円程度で購入できるようになってきました。同様に4Sでも今後徐々に値段が下がってくるものと思われます。すると、最安SoftBankとの差額がなくなった時点が最初のSIMフリー版iPhone 4Sの買い時だということになります。その買い時価格を上記表から計算してみると

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
54,960円 66,480円 76,080円

となります。

現状の価格とは大きな差がありますので、経済的メリットが実感できる買い時価格に到達するまでにはまだ時間がかかりそうです。素直に私は3GSから価格が安定しているiPhone 4にした方がいいのかもしれません。

なお、iOS5のiPhone 3GS並びに4はb-mobileで使用できるそうですがiPhone 4Sでも同じかどうかの確認は取れていませんので悪しからずご了承ください。同様に動作します。
[追記]2011.10.20
日本通信が公式にb-mobile microSIMがiPhone 4Sで動作するとのコメントを発表していました。

SIMフリーiPhone 4Sでの動作確認ができました!日本通信のb-mobile SIMカード〈マイクロ〉にて動作いたします。WiFiテザリングもOK。FaceTimeも大丈夫です。

[追記]2011.11.3
expansysのiPhone 4Sの価格が順調に値下がりしています。11月11日に香港でSIMフリーのiPhone 4Sが発売になるため、更に一段と値下がりすることは間違いありません。現在のiPhone 4Sの価格は以下です。ブラックがホワイトより1,000円程安い傾向がありますので安い方のブラックの価格です。(2011年11月3日現在)

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
73,964円 80,795円 90,552円

2年間の総維持費から計算したソフトバンク版より安くSIMフリーiPhone 4Sを購入するにはiPhone 4Sが以下の価格でなければなりません。(本文中の数字と同じです)

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
54,960円 66,480円 76,080円

これがau版より安ければ良いという前提で仮に計算すると以下のようになります。

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
68,640円 78,960円 89,280円

16GB版はもともと容量比較で若干割高感がありますが、32GB版と64GB版はあと数千円SIMフリー版が値下がりしたらauで2年間契約して購入するより安くなりそうなところまで来ています
注)実際にexpansysで購入すると送料(1,950円)と運送会社から別途請求が来る消費税がありますのでご注意ください。この記事では商品価格のみで計算しています。

[追記]2011.11.5
AppleStore香港でSIMフリーiPhone 4Sの価格が公表されました。日本円換算価格は2011年11月5日現在の為替相場(1香港ドル=10.07円)での計算です。

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
5,088香港ドル 5,888香港ドル 6,688香港ドル
51,220円 59,274円 67,327円

日本に入ってくるSIMフリーiPhone 4Sは香港版が中心になると思われます。この価格は為替相場変動以外に変更要素がないため、どの程度高いか安いかを判断する基準になります。

[追記]2011.11.11
香港での4S発売日の今日、expansysのiPhone 4Sの価格がまた下がりました。

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
68,229円 77,286円 88,356円

もうau版よりは安く買えるようになっています。値下がり待っていた方にはそろそろ買い時かもしれません。

[追記]2011.11.29
徐々にexpansysのiPhone 4Sの価格が下がってきています。特に64GBが大きく値を下げています。

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
67,613円 74,593円 82,571円

コメント欄でK-tai paradiseから買った方から「商品が届かない」という詐欺の疑いのコメントを沢山もらっています。K-tai paradiseも当初より値段を下げていますのでサイトの更新は行っているようですが、無事届いたという方からのコメントが来ていません。購入するならb-mobileの日本通信と提携しているexpansysの方が安いですし安心だと思います。

[追記]2012.2.8
しばらく放置していましたが、多少なりとも価格変移が分かるようにデータを残すため、expansysでの価格を残しておきます。かなり間隔があいたので一気に下がったような感じに見えますが実際には徐々に下がってきています。

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
62,702円 68,923円 75,835円

[追記]2012.2.17
64GBは容量に対してお得感があるため人気があり、64GBだけ値上げされています。

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
61,842円 68,847円 76,852円

[追記]2012.2.19 1ドル79円と円安になったとたんに大幅値上げです。

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
63,320円 70,492円 78,689円

[追記]2012.3.1 一度は円安に連動して値上げしましたが在庫の減り方が少なくなりました。高いと売れないのかな?ここにきて再度値下げです。 32GBは若干上がったのであと5,000円足せば64GBが買えるという中途半端な価格になりました。

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
60,340円 70,779円 74,955円

[追記]2012.3.7 ついに16GBが6万円を切りました。

iPhone 4S 16GB iPhone 4S 32GB iPhone 4S 64GB
59,897円 67,278円 73,606円

SIMフリーiPhone 4Sの価格がいくらならb-mobile Fairとの組み合わせでお得かどうか計算してみた” に対して 58 件のコメントがあります

  1. だるま より:

    経過報告です。
    サイバー犯罪対策課が電話が繋がらなかったので
    シティバンクに問い合わせ後、数日前に警察に行って来ました。

    シティバンクでは、
    口座がどうなっているのかは教えることができないこと、
    被害届をすぐに出すこと、等、丁寧に対応していただきました。
    その後地元の警察署に行き、現在調査に入ってもらっています。
    被害届はその後に出すことになるようです。

  2. Salvare000 より:

    今日expansysを見たら4Sの64GBが七万五千円台になってました

  3. まもすけ より:

    @Salvare000さん

    記事への追記はもうしていませんが、実は毎日価格チェックはしてます。(まだ買ってないのでw)

    中国の旧正月開けから一気に値段が下がりましたね。16GBも5万円目前の6万2000円台ですし、香港アップルストアの+1万円弱程度にまでは落ちてきています。16GBに割高感がありますが今は買い時だと思います。

  4. Salvare000 より:

    そうでしたか。
    もう少し定価に近くなると良いのですがね…

  5. しっぽく より:

    昨年K-tai paradiseでiPhone4sを注文し被害にあった一人です。7/17にシティバンクから被害回復分配金として振込額の約1/3が返って来ました。 戻って来なかった分は勉強代と思いあきらめます。 さて次はiPhone5、慎重に(汗)。

  6. まもすけ より:

    @しっぽくさん

    1/3でも戻ってきて良かったですね。もちろん全額返還されるべきだと思いますが、実際これ以上先は残った2/3以上の費用をかけて訴訟でも起こさないと回復は難しいと思います。

    以前と異なりAndroidも進化しているので選択肢が増えている分、iPhone5が発売されてもフィーバーは長くは続かないと思いますので比較的早く適正価格に落ち着くのではないでしょうか。といよりもそれを期待したいですね。

  7. たっち より:

    私も昨年K-tai paradiseでiPhone4sを注文し被害にあった者ですが、あおぞら銀行から連絡が来て、振り込んだ金額80,000円全額回復できました!
    今度からはエクスパンシス等の信頼できるショップで購入しようと思います。
    大変いい勉強になりました。

  8. まもすけ より:

    @たっちさん

    全額ですか!よかったですね。

    今度iPhone 5が発売される時にも同じ詐欺が横行するかもしれませんのでexpansysなどの実績のあるところから買うべきだと思います。

    ちなみに私もexpansysから購入して何の問題もなく(iPhone自体も故障すらしていません)今日に至っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です